お客さんは名前だけで、あなたの会社やお店を認識しているわけではありません。
もちろん名称やネーミングはとても大事な要素ですが、実はロゴマークやテーマカラーなど視覚的要素によって、お客さんの記憶に刷り込まれていることのほうが多いのです。

ロゴマークやテーマカラーは、会社やお店やのエッセンスを凝縮した表現といえます。

ナイキの翼のマーク、アップルのリンゴのマーク、マクドナルドの赤地に黄色いM、セブンイレブンの赤と緑のラインに7など、ロゴマークやテーマカラーを見れば何の説明がなくとも、消費者の頭のなかで、企業名やどんな会社なのか思い出せるほどに記憶されています。

わたしが以前仕事で関わった昭和シェル石油は、あるときからロゴマークからShellの文字が外れました。あの貝のロゴマークが市場に浸透し、誰でもそのマークを見れば、Shellだと識別できるようになったため、社名の表記さえ不要になったのです。

シンボルの力が強ければ強いほど、言葉の説明が不要になっていきます。つまりこれが「ブランド化」されているビジネスなのです。

テーマカラーを制するものがビジネスを制する

仮・テーマカラーを制するものがビジネスを制するあなたのお店や会社にもマークはあるとおもいます。名刺や看板、封筒や請求書などあらゆるところに使用していますよね。一般的にきちんとルールで決めた形、色で統一しているはずです。

ところが・・・ロゴマークはこだわって作りますが、テーマカラーは軽視されることが多いのです。あなたはお店やビジネスのテーマカラーはありますか?仮にテーマカラーがあるとしても、それを決めた根拠は明確に説明できますか?

このテーマカラーを制することができれば、お客さんのなかであなたは「他とは違う」と識別されて、選ばれやすくなります。

戦略的に色を使いこなす、カラーマーケティング

仮・戦略的に色を使いこなす、カラーマーケティング多くのビジネスでは、ロゴマークやキャラクターに目が向き過大評価されがちです。ビジネス全体のカラーや、ブランドイメージを統一するためのカラーマネージメントの重要性が軽く見られているのです。

ブランディングを長続きさせるためにも、カラーマーケティングが必須となります。とは言ってもカラーコーディネーターの資格や、デザイナーのように配色を数字で表現できる必要はありません。

色のもつ意味と相手に与えるイメージを理解すると、あなたのブランドはよりいっそう説得力のあるものとなります。

色のもつ意味と相手に与えるイメージ

与えるイメージ 向いている業種
情熱・興奮・元気など活力を感じさせ、エネルギッシュなイメージ。
五感のなかでとくに視覚と関係が深く、目を引き印象に残りやすい。
中華料理店 子供服 縁起物
清涼感、クール、さわやか、信頼など、誠実で知性的なイメージ。
使いやすく青が嫌いな人が少ないというのも特徴。
スポーツ用品 コンサルタント 士業
 オレンジ  賑やかさ、暖かさ、活発など、親しみのビタミンを感じる色。
仲間意識や食欲をそそる色なので、食品との相性が良い。
 お菓子店 肉類販売 スポーツクラブ
 茶系  清涼感、クール、さわやか、信頼など、誠実で知性的なイメージ。
使いやすく青が嫌いな人が少ないというのも特徴。
 スポーツ用品 コンサルタント 士業
 黄色系  清涼感、クール、さわやか、信頼など、誠実で知性的なイメージ。
使いやすく青が嫌いな人が少ないというのも特徴。
 スポーツ用品 コンサルタント 士業
 緑系  清涼感、クール、さわやか、信頼など、誠実で知性的なイメージ。
使いやすく青が嫌いな人が少ないというのも特徴。
 スポーツ用品 コンサルタント 士業
 紫  清涼感、クール、さわやか、信頼など、誠実で知性的なイメージ。
使いやすく青が嫌いな人が少ないというのも特徴。
 スポーツ用品 コンサルタント 士業

テーマカラーの使い所

このようにそれぞれの色に応じて、お客さんは深層心理の中でイメージをしています。ですからこれらの色がバラバラだと、お客さんの心に残らないのです。

テーマカラーは1色に決め、あらゆる販促物で統一して使いましょう。使っていくうちに「この色はウチでは使わない」と言えるようになればしめたものです。

お客さんのなかに、あなたのお店に対するイメージカラーを植え付けることができたら、それはロゴマーク以上に深層心理に届いていることなのです。