魅力的な広告を作ろうと思ってあれこれネット上を検索すると「USP」という言葉を頻繁に見かけるのではないでしょうか。最近ではコンサルタントの中にもこのUSPを重視している人が増えてきていると言われています。
こんにちは!ブランディングデザイナーの高田穂奈美です。
USPを学び、実践していけばとても魅力的なメッセージを発信することができるようになります。これは知らないともったいないですね!

USPとは何ぞや?

そもそもUSPって何だ、という話なのですが、これはユニーク・セリング・プロポジション(Unique Selling Proposition)の頭文字をとったものです。ユニークとは独自性、つまりその特徴となるものです。そしてセリングとは売り、つまりそのものの強みとなるものです。

そして最後のプロポジションは提案という意味。マーケティングに置き換えれば、「これを手にするとこういういいことをあなたに提供することができます」というメリットの提案となります。

つまりUSPとは、他にはない自社のセールスポイントと強み、ということになります。

分かりやすい例ってある?

とても分かりやすいのが、ピザの宅配になります。昔から宅配ピザといえば、焼き立てのピザを30分以内にお届け、遅れたら料金はいただきません、という言葉が掲載されていました。(今は危険なので、ということでそこまでハードではないようですが・・・)

この場合、メリットはおうちにいながら焼き立てのピザを食べられる、というものです。そして特徴として、もし遅れたら無料にします、ということが書かれています。そして他にはない売りとして、「30分以内にお届け」があるのです。これを最初にUSPにして有名になったのはドミノピザだそうです。

このような3つの内容を盛り込んだものがUSPの原型と言ってもよいでしょう。お客様に分かりやすく特徴、売り、そしてメリットを伝えることは会社にも、そしてお客様にも良い効果をもたらし、ブランディングにも繋がりますね。

簡単にUSPを作るには?

USPの作り方はそれぞれあると思うのですが、ぱっと思いつかないならば、このような感じで仕上げてみてはいかがでしょうか。

「弊社のAという商品は〇〇のような特徴、そして××のような強みを持っています。もしこれを手にすれば、あなたはBのようなメリットを得ることができるのですよ」

少なくともこのような情報は詰め込むようにしてみてください。

これをキャッチコピーのように全面に出し、頭の中に残してもらえるようになれば商品の売上はどんどん伸びていくでしょう。魅力的なUSPを作るためにも、今一度自社の商品やサービスをきちんと見直し、その特徴や強みを分析してみることをお勧めします。