仕事術、と名のつくものはいろいろあります。社長さんのための仕事術もあれば、新入社員のための仕事術もあるわけですね。

こんにちは!ブランディングデザイナーの高田穂奈美です。
今は新入社員に最初に仕事術を徹底するところも増えているのだとか。あなたのところはどうでしょうか。

新入社員でなくとも、新たに自分と仕事をする、または一人で新しい仕事を始める、というときには最初にしっかりと、いくつかの仕事術を取り入れることを徹底していきましょう。

タスク管理は大事ですか?

まず必ずチェックしておきたいのが、タスク管理です。多くなればなるほど抜けていくことがあります。また、納期が先であったりすればするほど「しまった!」ということも増えていきます。

そうならないためにも、細かいタスクリストを作成しておきましょう。もちろん作成するだけではなく、毎日チェックできるようにしておくことが大切です。パソコンで管理できると便利ですね。Excelなどで自分が見やすいものを作りましょう。またはGoogleカレンダーのToDoリストなども活用できます。

また、先人が作成したありがた~いテンプレートなどもネット上にはたくさん掲載されています。成功者には習え、ということで、それを真似して作ってみるのもいいですね。

タスク管理をしたらどうなる?

これをやっておくことで、自分が抱えている仕事がどこまで進んでいるのかをそれぞれ把握することができ、漏れがなくなります。細かい仕事でも自分の大事な軌跡、ということで残しておくようにしましょう。

時間の有効利用の方法は?

そしてもう1つ大事なのが、時間を有効に使うことです。朝、今日は何時から何時までこれをするというスケジュールを毎日しっかり立てるようにしましょう。急なことが入ってできなかったものは数日以内のスケジュールに再度組み込むようにします。できれば翌日の方がいいでしょう。

そして2時間仕事をするならするで、30分から60分で一度必ず休憩を取るようにするのです。学校の授業と同じですね。時間をしっかり決めて集中し、間に仕事から離れた休憩を取ることにより仕事の効率化を目指していきます。

そうしないと、どうなるの?

「これが終わったら休憩しよう」となると案外ダラダラしてしまいます。時間をきちんと決めることにより、集中力が変わってきますので、この時間を区切る、というのはかなり重要になります。

これを徹底してみると

まずはこの2つを徹底してやってみましょう。誰にとっても1日は24時間ですが、その中身をしっかり濃いものにしていくことで時間の感じ方は2倍にも3倍にもなっていきます。これが身につけばどんな仕事もサクサクです。