あなたは何か情報を検索する際、スマホやタブレットで検索することが増えていないでしょうか。確かに昔の携帯に比べれば画面も大きくなり扱いやすくなったので十分事足りるようになってきました。

今、検索はどこからが多い?

そう、今やどんなサイトもモバイルからの検索にしっかり対応できるようにしていかないと他社との差がついてしまいます。特に若い人になればなるほどパソコンを使わなくなっているので、若者層を狙うのであれば、この対応は必須となります。

また、今はスマホなどのモバイル端末からの検索には、モバイル対応がなされているページが優先的に表示されるようにもなっています。ここは見逃せない情報ではないでしょうか。

スマホサイト対応にするには?

それならば、とスマホサイトを作ると決めたのなら、まずはどういう方法があるのかということを知りましょう。

1つ目は、今すでに作成しているウェブ向けのページを、スマホにも対応できる「レスポンシブ・ウェブデザイン」を採用して見やすくする方法。そして2つ目は、スマホサイトを新たに作成してしまうことです。

レスポンシブ・ウェブデザイン・・・これは画面が大きいパソコンにも、狭いスマホにも瞬時に対応できるというやり方です。パソコンのを縮小したような見た目になりますね。今あるサイトをそのまま使えてとても楽だと思うのですが、実はサイトによってはその変更がとても難しい場合もあるのです。

対応させるのが難しいなら?

挑戦してみて、どうにも厳しい、という場合にはさっさと2つ目の方法にシフトした方が楽です。1から作るのは大変、と思われるかもしれませんが、内容的にはパソコン向けのサイトと同じですから、より見やすいデザインにするなどの工夫は必要にはなりますが思いのほか簡単に作ることができます。

デザイン自体はスマホ用のアプリや、自分が普段から使っているサイトを参考にさせてもらうのがいいでしょう。パソコンのように横広がりにならず、シンプルに縦方向だけに動かせばいいようにすると見やすいし、指でさっとスクロールしやすいものになりますね。

そして出来上がったサイトともともとあるパソコン向けのサイトとしっかり関連させておけば検索でも不利になることがありません。(同一のサイトと認識されるため)

ぜひとも、ひと手間かけてみて

ほんのちょっとした工夫で、パソコン離れした世代にでもアピールできるようになります。少し手間をかけるだけでいろんな年代もカバーできるスマホサイト。まだ持っていない、という場合は作成を検討してみてください。